2018年6月24日(日)台本読解レッスン

このレッスン日誌は、運営のミツモトがレッスンの内容をまとめたものです。
詳しい内容が気になった方は、ぜひレッスンにご参加くださいね。

6月24日(日)台本読解レッスン

運営:ミツモト

情報を見落とさないように細かく書き出す

戯曲『わが町』(ソーントン・ワイルダー著)を使って台本読解を学ぶレッスン、第2回目。

今日のレッスン

  • 第一幕に書かれた情報をもとに、わが町の舞台図・地図を書く

前回宿題で出された、”わが町の舞台図・地図を書く”の答え合わせをしました。

(例)

駅・線路の位置
最初の段階では、断定できません。複数のパターンが考えられます。

教会・商店街などの位置
台本に書かれている順番に注目すると、それぞれの位置が見えてきます。

まず教会を、その後に商店街の紹介をしているので、教会の方が近くにあると考えられます。その方が、観ているお客さんの頭が混乱しません。

このように、順を追って探り、読解ていきましょう。


読解のポイント
いろんなパターンを考える。

台本の情報だけでは、断定できないものもあります。
一個の考えに固執せず、可能性のあるパターンを複数考えておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + seventeen =