2018年6月3日(日)演技レッスン

このレッスン日誌は、運営のミツモトがレッスンの内容をまとめたものです。
詳しい内容が気になった方は、ぜひレッスンにご参加くださいね。

6月3日(日)演技レッスン

運営:ミツモト

無対象演技は、自分の心(感情)を動かす道具の一つになる

今日のレッスン

  • 無対象演技

  • STEP.1
     ペットボトルを使って、基本を練習する
  • STEP.2
     目をつむった状態で空間に何があるかを把握する
  • STEP.3
     普段、家で何気なしにやっている動きを再現する 

始める前は難しく感じていても、実際にやってみると、みなさんすぐに出来るようになりました。

無対象演技は、
無い物を、有るように見せる
だけでなく、
自分の心(感情)を動かす道具の一つです。

普段からやっている行動は身体が覚えているので、レッスンで実践した通り、すぐにできるようになります。

つまり、
難しい無対象だって、繰り返し練習すれば
身体が覚えて、できないことはないってこと。


パントマイムと無対象演技は、同じ?

実は、ちがいます。

無対象演技に大事なのは、
実際に行動している時と、 無対象でその行動を演じている時で、
身体の使い方・感覚・意識・感情 が “ 同 じ であるかどうかです。

同じ動きの “ 形 ” を見せればいいわけではなく、
その時、どうやって動いたのか、筋肉はどこに力が入っていたのか。
その時、どういう状況で、どういう気持ちだったのか。

それを細かく、観察し再現することが大事。

まずは日常の生活から、観察してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =